猫に食べさせてはいけないもの、ベスト3!

猫飼い人なら、たぶんご存じ。

猫に食べさせてはいけないモノ、結構ありますね。
その中で絶対に与えてはいけないものをご紹介!

まず第一にネギ類は一切ダメです!青ネギを含めて厳禁!です。
特に玉ねぎなど猫にとって毒となります。
猫と人間では血液の成り立ちから異なるので、むやみに人間が食べているから大丈夫と同じ食品を与えることは危険です!
ニラやニンニクなどもちろん玉ねぎなどは与えないようにしましょう!

しかし、よくよく考えると、遠い昔、犬でも猫でも『餌』といえば人間様の残飯が当然という時代がありました。現代のようにペットの健康を考慮した食事など皆無な時代。

我が家もネズミ除けに猫を放し飼いにしていましたが、ご飯といえばいわゆる『ねこまんま』。
残り物の御飯に当日のお味噌汁をぶっかけて・・・、思えば具に玉ねぎが在ったりお豆腐や青ネギも在ったのではないかしら!?

昔のペットの寿命が短かったのも、人間と同じような食事を与えていたせいかもしれませんね。

子供の頃は、猫は魚が好きに決まっている!と魚の骨なども身と一緒に与えていたような気がします。
いろいろ研究されている現代では、猫に魚の骨をそのまま与えるのは危険!とわかっています!
猫の食事の仕方は、咀嚼するのではなくそのまま呑み込みます。

大きくて鋭い骨などは消化される前にのどに刺さったり消化器官に詰まって腸閉塞を起こすこ恐れがあるので避けましょう!

よく、烏賊やスルメを与えると腰を抜かす—–と言われることがありますがスルメはまだしも生のイカやタコは避けましょう!(過熱をすると大丈夫という説もあります)

人が食べる嗜好品(コーヒーやアルコール類など含め)は絶対に与えないようにしましょう!

時々、おやつの時間に愛猫がねだるので、とチョコレートやケーキを与えている人がいますが、本当に愛しているなら心を鬼にして人間が食べるものは与えないようにしましょう!

猫と人間では血液から違いますので、大きな人間にとっての少々の刺激物でも小さな猫にとっては命に関わるほどの刺激となります。

家猫は、飼い主だけが頼りです。
いつも健康で元気に暮らせるように最大の配慮はしてあげたいですね。

今では、猫にとって(犬やほかのペットにとっても)与えて安全なおやつなども市販されています。
上手に取り入れていけば、かわいい猫ちゃんとおやつタイムも一緒に楽しめるのではないでしょうか。

人間と同じように、愛猫たちにも元気で長生きしてほしいですね❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です